125ccスクーターが街乗りじゃコスパ最強だと思っているのに150ccのスクーターを購入したワケ

PCX150  画像出典:HONDAホームページ

PCX150〈ABS〉KF30というHONDAの150ccスクーターを購入しました。私。
150cc(正確には149cc)を買っておいてなんですが、通勤や買い物など、スクーターを足代わりに使うのならば125CCクラスがコスパ最強です。

愛車”トゥデイ”の生産終了

10年ほどHONDAの“トゥデイ”という原付バイクに乗っていました。原付なのでしょうがないのですが、スピードが出ない、パワーが無いことに多少の不満はあったものの、通勤・買い物に利用する分には便利で重宝しました。しかも”トゥデイ”は、車体価格も安かったし燃費もいいし、何より今まで一度も故障知らず(バッテリーを交換したくらい。)。見た目や世間体(?)さえ気にしなければ、”トゥデイ”の買い換えでも良かったんです…ところが、その”トゥデイ”が生産終了してるではないか!知らぬ間にバイクの排出ガス規制の強化によって、”トゥデイ”だけでなく、多くの人気車種が生産終了していたのでした。


トゥデイ  画像出典:HONDAホームページ

「じゃ、次はどの原チャリ買おうか?」とはならなかった

10年以上乗っておいて言うのも何ですが、原付の「 制限速度30キロ」、「 2段階右折」という縛りが嫌だったんですよね。正直な話、30キロの制限速度を守って走ってる原付バイクを探す方が難しいし、実際の道路では遅すぎて危険&迷惑をかけると思います。ここだけの話、私が”トゥデイ”に乗るときは、ほぼフルスロットルでした。…といっても、”トゥデイ”は、たぶんリミッターが入っていて下り坂でも55キロまでしかスピードは出ず、上り坂だと下手すると自転車に抜かれるんじゃねぇの?ってほど遅かったんですけど。かといって、速度超過で違反を取られるのも嫌ですよね-。びくびく運転するのは精神衛生上よろしくありません。

さらに私の場合、子供の送り迎え等にも使いたいということもあって、二人乗りの出来る51CC以上のスクーターに乗り換えることを決めました。MTバイクじゃ無く、スクーターがよかったのは、メットイン等の積載量が大きいからです。主に通勤に使うんですけど、私の場合積載量があったほうがなにかと便利なんですよね。

ほんとは大きい方がいいんだけれど

排気量が大きければ大きいほど、当然馬力もトルクも上がるし安定感は増すし、かっこいいし。だけど、その分車体も大きくなるわけで、駐めるとこないし、取り回しが大変で毎日の足として使うには不便。大きさ的には、せいぜい400CCクラス以下にしようと思いました。(あ、どのみち大型二輪免許持ってないんだった)

さらに、250CCを超える排気量のバイクには”車検”が必要になるので、あまりお金を使いたくない私は、それ以下の排気量のものがターゲットに。いわゆる250CCと呼ばれるバイクは、実際には250CC以下の排気量(248CCとか)なので、車検は必要ありません。…が、バイクの値段を調べてみると250CCクラスは125CCクラスの倍ほどになるのでした。…なのでお金のない私は、新車であれば、結局せいぜい150CCクラス以下からしか選べないことが判明しました。悲しい現実ですが、250CCクラスになると「すり抜け」もしにくくなるので、150CC以下でいいのです!いいのです…いいのです…

今125CCのスクーターが売れている理由

今125CC、150CCクラスが売れているようです。海外でも、日本でも各社このあたりの排気量のラインナップが充実してきているように思います。とくに125CCバイクは本体価格が安めで維持費は原付並みでありながら、街中で走る分には十分なマシンスペックを兼ね備えているので、コスパ最強の足バイクと言えるでしょう。

125CC以下の排気量のバイクは、それ以上のものと比べ

  • 燃費がいい
  • 車体本体価格が安い
  • 交換部品や消耗品が安い
  • 年間維持費が安い
  • 車検がない(250CC以下)

…といった経済上のメリットがあります。

125CC以下のバイクは購入時の重量税もありません。自賠責保険が原付と同じ金額で、車を所有しているのなら、任意保険にファミリー特約が使えてお得です。51~125CCは原付二種とも呼ばれますが、原付の「制限速度30キロ」や「二段階右折」という縛りはありません。また、125CCまでしか利用できない駐輪場の存在や、取り回しが楽、街中で走るには十分なスピードとパワーがあるということなども125CCクラスが売れている理由なのでしょう。

私も初めは125CCのスクーターを買おうかと考えていました。HONDAのリード125です。なんてったってシート下の容量が37Lもあるし、足下フラットなのでそこにも荷物置けるし、リアボックスつければかなりの積載量になります。パワーもあってスピードも100キロ程度なら出る(らしい)ので、街中で車の流れにのって走るには全く問題ありません。外見がおっさんくさいとよく聞きますが、私自身がおっさんだからなのか逆に格好良く思えるんですけどね。

リード125  画像出典:HONDAホームページ

 

何故150CCを選んだのか?

それじゃ、私は何故わざわざ車体価格も高くファミリー特約も使えないのに、たった25CCしか排気量の違わないスクーターを選んだのか?

150CCだと高速道路や自動車専用道路を通ることができるからです。(それらは、125CC以下は利用できませんので)もちろん、高速走行するのならば250CCや400CC、またはそれ以上の排気量のバイクのほうが安心できるんでしょうが、私の場合「いざとなれば、高速道路も利用できる…」という安心感で十分なのです。

走りに関してはPCX125と乗り比べましたが、もちろんパワーに違いはあるものの、街中を普通に乗る分にはそれほど大きな違いを感じませんでした。ただ坂道でのトルクは違いますね。…ま、そのくらいなので、やっぱり高速道路や自動車専用道路を利用しない方なら、絶対125CCがおすすめですね。

あと正直、見栄や優越感というのもありました(笑)。

…ちっちゃいなぁ。今まで原チャリ乗ってたくせに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄在住うちなーんちゅ。「ひーじゃー通信」ではおもに、沖縄の食に関する記事を、ここでは雑記としてつぶやきたいと思っています。よろしくお願いします。